‘This Is Not Justice’: Japanese Family Settles With NYC But Condemns Handling Of NYPD Crash That Killed Student

The family of Ryo Oyamada announced “with heavy hearts” a settlement with the NYPD.  A police officer struck and killed Ryo while driving more than twice the speed limit at night against the flow of traffic and without using lights or sirens. Vaccaro told Gothamist that the Oyamadas had hoped an investigation into Ryo’s death […]


Driver Who “Wanted To Kill” Times Square Pedestrians Charged With Murder

Amidst outcry over driver Richard Rojas, who injured dozens of pedestrians in Times Square rampage, advocates call for a more comprehensive approach to traffic violence. The [Rojas] crash video is “the most shocking” I’ve ever seen, said Steve Vaccaro, a leading lawyer and advocate of cyclists and pedestrians. The severe charges facing Rojas were appropriate, he added, but not […]


New York Post: Court Ruling Puts City on the Hook in Dangerous-Streets Suit

The city must do a better job fixing dangerous streets or face a slew of big lawsuits, thanks to a ruling by the state’s highest court in the case of a young boy injured in a 2004 crash. “Concerns about traffic and parking have played too great a role in leaving areas without the necessary […]


NY市警にひき殺された日本人の調査、陸運局も公聴会2年近く開かず

ニュー ヨーク市警の内部調査は、2013年2月に当時24歳の日本人留学生小山田亮さんをクイーンズブリッジでひき逃げして死亡させたダレン・イラルディ市警に 関して、イラルディ市警が赤色灯をつけずに高速で走っていたことを示すようなビデオが存在していたにもかかわらず、無罪とした。その続報について、ゴッサ ミストが報じている。小山田さんの家族は市を訴えているが、陸運局もまた、事件の事実を調べ運転免許を維持すべきかを判断するための安全性に関する公聴会を開くことになってい る。しかし、小山田さんが死亡してから2年近くたったにもかかわらず、陸運局は公聴会のスケジュールさえ設定していないと言う。 (写真: ニューヨーク市警の警官にひき逃げされた小山田さん。) 小山田さん家族の弁護士スティーブ・ヴァカロ(Steve Vaccaro) 氏は、「これらの公聴会は、無謀運転であったという厳格な説明責任を獲得するための強力なツールになります」 と話す。「プロセスに関する問題は、透明性が無いと言うことで、犠牲者の家族は望む方法で証拠を提出する機会を与えられておらず、警察の捜査ファイルはこ れらの公聴会では利用できず、警察の証言がしばしば存在しないことは言うまでもありません。」 公聴会には行政法判事が参加することになっており、証拠を確認し、運転免許を一時停止にするか失効させるかを決める前に、運転手や他の目撃者に話しを聞く ことになっている。一時停止や失効させるためには、証拠の優越だけが必要とされており、刑事裁判や交通公聴会中の基準よりも低くなっている。ヴァカロ氏は 多くの事例では2年かかると話しているものの、州法は、陸運局に対して事件から1年以内に公聴会を開くことを要求している。 陸運局の広報担当者ジャッキー・マクギニス氏は、小山田さんの公聴会が開かれない理由に関して答えていない。イラルディ氏が警察官の立場にあるからかとのゴッサミストの質問に関しては、「陸運局の安全性に関する公聴会は事件に関係した人が誰であれ同じです」と答えている。 「ライトが点灯していなかったことを記録するビデオテープを示すことを目指しており、この通りは中間ブロックの交差が許されていた通りであったことを示す 証拠を提出したいと考えています」とヴァカロ氏は今後開かれる陸運局の公聴会に関して話している。「そして、ダレン・イラルディの行動の一部が無謀であっ たことを示すかなりの証拠がすでにあると考えており、陸運局の前でその証拠を入手しようとしています。」 完全なレポートはこちら


Our Town: “The Second Tragedy of Traffic Deaths”

Jill Abramson reports on the growing movement against traffic violence led by families who have lost members in crashes. As many as 260 people are expected to die this year on New York City streets. But almost none of the drivers involved in those cases will be prosecuted — adding to the nightmare for the […]